CATEGORY

海外FX

FXに取り組むために…。

FXを始めるつもりなら、差し当たり実施すべきなのが、FX会社を比較して自分自身にマッチするFX会社を見つけ出すことでしょう。比較する時のチェック項目が幾つもありますので、それぞれ説明します。 スワップポイントについては、ポジションを続けた日数分もらうことが可能です。毎日ある時間にポジションを維持したままだと、その時点でスワップポイントが貰えるのです。 FX取引に取り組む際には、「てこ」と同じように […]

レバレッジを有効活用すれば…。

デモトレードというのは、専用の通貨(仮想通貨)でトレードの体験をすることを言います。100万円というような、ご自身で決定した架空の元手が入金されたデモ口座を開くことができますので、本番と変わらない環境でトレード練習ができるようになっています。 スキャルピングとは、1分以内で数銭~数十銭といった収益を積み上げていく超短期取引のことで、テクニカル指標又はチャートに基づいて売り買いをするというものなので […]

現実的には…。

FXの最大のウリはレバレッジだと思いますが、100パーセント腑に落ちた状態でレバレッジを掛けるようにしないと、現実的にはリスクを大きくするだけになるはずです。 高い金利の通貨を買って、その後保持し続けることでスワップポイントを受け取ることができるので、このスワップポイントという利益だけを目的にFXを行なう人も多々あるそうです。 大体のFX会社が仮想通貨を使用したトレード練習(デモトレード)環境を準 […]

FXを始めようと思うのなら…。

我が国より海外の銀行の金利が高いということがあって、スワップ金利がもらえることになっています。海外のスワップ金利と日本のスワップ金利の差というものが、FXを行なうことで貰うことができるスワップ金利になります。 テクニカル分析においては、原則としてローソク足を時間単位で配置したチャートを用います。初めて見る人からしたら複雑そうですが、しっかりと読めるようになりますと、手放せなくなるはずです。 デイト […]

FXに取り組みたいと言うなら…。

スプレッドというのは外貨の売り値と買い値の差のことで、FX会社の利益となる売買手数料と同じようなものですが、それぞれの会社の経営戦略に従って独自にスプレッド幅を決めているのです。 FX会社を比較するという場面で確認しなければいけないのは、取引条件ですね。各FX会社で「スワップ金利」を筆頭に各条件が変わってきますので、あなたの投資スタイルにマッチするFX会社を、ちゃんと比較した上で絞り込むといいでし […]

同じ種類の通貨の場合でも…。

FXを行なう上での個人を対象にしたレバレッジ倍率は、少し前までは最高が50倍でしたから、「現段階での最高25倍は低いと感じてしまう」と口にする方を見かけるのも無理はありませんが、25倍であろうともちゃんと利益を生み出すことはできます。 デモトレードと称されるのは、仮想通貨でトレードを体験することを言います。2000万円など、自分で勝手に決めた架空のお金が入ったデモ口座が作れるので、実際のトレードと […]

海外FX|スプレッドと言われているのは…。

FX取引を進める中で耳にするスワップと言われているものは、外貨預金にもある「金利」だと考えてください。ですがまったくもって異なる部分があり、スワップという「金利」は「貰うのみならず徴収されることだってある」のです。 デモトレードを有効利用するのは、大体FX初心者だと考えられがちですが、FXのエキスパートと言われる人も時折デモトレードを有効利用することがあるのです。例えば新しく考案したトレード手法の […]

買う時と売る時の価格に幾らかの違いを設けるスプレッドは…。

トレンドがはっきり出ている時間帯をピックアップして、その機を逃さず順張りするのがトレードを進める上での基本的な考え方です。デイトレードは当たり前として、「じっくり待つ」「自分が得意な相場の時だけ勝負する」というのは、どのようなトレード方法を採用しようともすごく重要なポイントになります。 デイトレードに取り組むと言っても、「一年中トレードをし収益をあげよう」などとは思わない方が良いでしょう。無茶をし […]

海外FX|小さな額の証拠金によって大きなトレードができるレバレッジですが…。

小さな額の証拠金によって大きなトレードができるレバレッジですが、見込んでいる通りに値が動けばそれに応じた利益を手にできますが、その通りに行かなかった場合はすごい被害を受けることになるわけです。 MT4と言いますのは、昔のファミコンのような機器と同様で、本体にソフトを差し込むことで、ようやくFX売買をスタートすることができるというものです。 スキャルピングと呼ばれているのは、1回あたり1円にすらなら […]

FX会社個々に特色があり…。

テクニカル分析と称されているのは、相場の時系列的な変遷をチャートの形で図示して、更にはそのチャートを参考に、将来的な為替の動きを予測するという手法なのです。このテクニカル分析は、取り引きすべきタイミングを計る時に有効です。 スワップポイントというのは、「金利の差額」だと言えますが、最終的にいただくことができるスワップポイントは、FX会社に徴収される手数料を差っ引いた額だと考えてください。 スイング […]